新着情報

天井に設置する空調設備のビルトインタイプの特徴とは?


冬は暖気を出し、夏は冷たい空気を出して室内の空気をコントロールしてくれる空調設備には様々なものがあります。

その中でも業務用の空調設備としてよく目にするのがビルトインタイプです。

 

天井に設置するこのタイプは、可能な限り天井と一体化した四角い形が特徴です。

今回は店舗やオフィスなどでよく目にする業務用エアコンでもある空調設備のビルトインタイプについて解説します。

 

そもそも空調設備のビルトインタイプとは?

空調設備のビルトインタイプは、本体の一部分を室内にある天井へ直接はめ込むことで設置できる物を言います。

家庭用エアコンでの用途はタワーマンションや店舗兼住宅といった一部の例外を除きほとんどありませんが、業務用エアコンとしてはよく目にするタイプと言えます。

 

本体からやや離れた位置に吸出口をダクトでつないでいき、2~4つの吹き出し口を設置可能です。

実は空調設備のビルトインタイプといっても四角形のタイプだけでなく、円形やラインのように長細い形をしたタイプまで様々な形状があります。

このような特徴を持つ空調設備のビルトインタイプですが、価格相場としては15~50万円に設定されています。

 

これは耐久性や設置工事などの手間が加味されたコストであり、一般の家庭用エアコンに比べても割高といえるでしょう。

ちなみに価格の目安としては、1.5馬力(4kW)で25万円程度、倍の出力の3~6馬力(8~16kw)でも25~30万円と価格が据え置きです。

 

ただ、10馬力レべルになると60万円から高いものでは80万円になるので一気に価格が上昇する傾向があります。

この価格には10~30万円の設置工事が含まれます。

 

そんな空調設備のビルトインタイプの工事内容ですが、基本的に天井に穴を開けて空調の本体を設置します。

そのうえで配管工事やダクトの位置を調整するといった内容で行われます。

 

大規模な工事なので8時間程度かかることもあり、一基設置するのに1日近くかかるので改築などで設置する場合は、日程に余裕をもっておく必要があります。

 

空調設備のビルトインタイプのメリットとは?

空調設備のビルトインタイプのメリットは、設置のしやすさ、目立たなさ、出力の強力さです。

天井に設置するので場所を選ばず、そんなレイアウトでも設置可能です。

 

そのため、レイアウトに合わせて自然な形で設置したり、機能を重視して機能的な位置に設置したりといったことが自在にできます。

また、目立たないため、インテリアや室内のデザイン、雰囲気といったものを壊すことなく設置できるメリットがあります。

 

最後に出力が強力です。

家庭用のエアコンよりも数倍強力なモデルも多いので、一気に室内の空調が改善されます。

こういったメリットが空調設備のビルトインタイプの魅力といえるでしょう。

 

知っておきたい空調設備のビルトインタイプのデメリット

残念ながら空調設備のビルトインタイプには少なからずデメリットも存在します。

それは、コストが高いこと、定期的な業者によるメンテナンスが必要なことです。

 

空調設備のビルトインタイプは先ほども紹介した通り、家庭用のエアコンの数倍以上の価格です。

その価格が最大のネックと言え、出力が大きい分電力もそれなりに消費します。

 

また、表面は自分でもメンテナンスできますが、天井に入っている部分は業者のメンテナンスが定期的に必要です。

こういった点が空調設備のビルトインタイプのネックといえるでしょう。

 

まとめ

空調設備のビルトインタイプは天井に設置するタイプの業務用エアコンでよく目にするタイプです。

このタイプは、出力が大きく、自在に設置できるメリットがあるものの、設置には若干コストが高めというデメリットもあります。

 

こういった特徴を知ったうえで空調設備のビルトインタイプの設置を検討してみましょう。

 

大阪府寝屋川市の空調設備工事は五領空調にご相談下さい。


会社名:五領空調

住所:〒572-0016 大阪府寝屋川市国松町14-1香里グランドコーポ104

TEL:072-814-5211
FAX:072-814-5331

営業時間:8:00~20:00 定休日:不定休

対応エリア:寝屋川市を中心

業務内容:空調設備工事

pagetop